まじめ夫となまけたい妻

自衛官と結婚するまでと、結婚生活や仕事のこと、沖縄のことetc...気ままに綴るブログ。

結納の振袖を選び直した話

スポンサーリンク

近頃は結納ではなくもっとカジュアルに顔合わせの食事会などが多いようですが、沖縄ではホテル等で結納をすることがまだまだ多いみたいです。

(少なくとも私の親戚周辺や友人など、だいたいホテルで結納していました)

私たちは、お互いの家族は沖縄にいて、彼だけが横浜に住んでいる状況でした。入籍したい日は決まっていたのですが、彼のスケジュールが合わず。。

急遽入籍予定日の1週間前の数日沖縄へ帰ってくるように飛行機を取ってもらい、その日に顔合わせも兼ねて結納をすることにしました。 

結納で、やっぱり着たい振袖

結婚したらもう着ることはなくなるし最後の機会なので、どうしても着たくてオプション料金がかかるけど彼にお願いして振袖を着させてもらいました。

振袖を決める打ち合わせ

結納をするホテルでは着付けなどはできないため、提携している貸衣装スタジオで振袖を選びに母と一緒に行きました。

振袖はとりあえず「赤」と色だけは決めていましたが、具体的には考えていませんでした。スタジオの人がプロだから、いい感じのやつ選んでくれるはず~くらいの軽い気持ちで(これが間違いでした…)

いざ振袖を選ぶとなると、もうたくさんあるのでなにが良いのか全然わからず…

何着か試着しましたが、わからなくなってきたところで、早く終わらせたい母とスタッフの方に押されてこの振袖に。

f:id:higahiga17:20170909234405j:plain

ちょっと柄が可愛すぎるかな?とは思いましたが、わたしもよく分からなくなってきたので、この日は納得して帰りました。

やっぱり変更したいので、再度打ち合わせをすることに

翌日、ふと「結納 振袖 選び方」で検索すると、出るわ出るわキレイな振袖が…。

ここでやっと選んだ振袖が結納に相応しくないことに確信を持ちました。どっちかっていうと成人式向けの若い柄でしたが、今回はもう20歳じゃないし古典柄の大人な感じが良いなと気づきました。

それから1週間くらい悩みに悩んだ末に、もう一度振袖を選び直すことに決めました。

 

2回目の打ち合わせまでに、わたしがやったことはこちら。

 

好みの写真をスクショでフォルダにまとめる

 

f:id:higahiga17:20170909234418p:plain

 

スタジオのスタッフに好みの振袖のイメージを伝えるため、スマホの画像検索などでみつけた振袖のスクリーンショットを撮ってフォルダにまとめておきました。

この時、ヘアセットと髪飾りも考えておきたかったので、まとめて調べました。

ショートヘアのため、なかなか好みの画像が少なく困りました(汗)

 

いざ、振袖の選び直しへ

スクショをまとめたフォルダをスタッフの人に見せると、すぐに似た雰囲気の柄の着物を持ってきてくれました。

それで選び直したのがこちら。

f:id:higahiga17:20170909234410j:plain

紅型の柄が珍しい着物で大人っぽく、イメージしていた雰囲気に合っていたのでコレに決めました。

(オプション料金で+1万円でしたが自腹で払ったので夫には内緒ですw)

 

当日着付けしてもらったのはこんな感じ。

f:id:higahiga17:20170909234414j:plain

ちょっと着崩れてる…

 

彼にはもちろん、周りにも好評だったので、選び直して本当に良かったと思いました。。

せっかくの振袖で写真にも残るから、自分の納得したものを選ぶべきですね。

 

まとめ

振袖の選び方については、最初からちゃんとリサーチするべきだったな~と反省。。

次は結婚式のドレス選びなどで同じような機会が出てくるはず。

今回のことを教訓として、しっかり事前にリサーチして時間をムダにしないように気をつけたいと思います。